先輩と性格が合わずに苦労しました

 

入社して間もない時期の話ですが、直属の先輩と性格が合わずに苦労していました。先輩は大人しくて職人気質な部分があり、背中で仕事を見せるようなタイプの方でした。

 

一方で私は自分で言うのも恥ずかしい話ですが、明るい性格で先輩からイジってもらいながら可愛がって欲しいと思っていました。

 

デスクも隣り合わせですが会話も少なく、プライベートな話もほとんどすることはありませんでした。

 

しかし、私の業務を円滑に遂行する意味でも、現在の会社で勤め上げていく意味でも先輩との仲を良好にしておくのは絶対に必要だと感じていましたので改善していこうと考えました。

 

具体的な方法としては先ずは飲みに誘いました。

 

最初からマンツーマンというのは気が引けた為、仲の良い先輩にも協力して頂いて複数人で飲むことから始めました。

 

お酒が入ると本音ベースで話して頂くことができ、私が初めての後輩でどう接して良いか分からなかったという話や性格的に違うので自分の手に負えないなどとの話がありました。

 

一方で私も言葉を選びながら先輩への思いを正直に伝えて相互の理解を深めることができました。

 

以降は私の方から積極的に話しかけたり、仕事で分からないことはどんどん質問をしていきました。それから10年近くが経過しましたが、円滑に業務を遂行することができています。

 

職場の人間関係は非常に重要です。関係性が悪いと業務が円滑に進みませんし、事業に大きな損失を与えることにも繋がります。

 

この人とは絶対に合わないと感じる人が同じ会社や同じ部署にいる方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、そこで自分のシャッターを降ろさずにいかにして上手く付き合えるかの方法を模索しながら改善を試みて下さい。

 

結果的に上手くいかなければそれで良いと思いますし、改善しようと行動し、努力したことが今後の成長に繋がるように感じます。私は飲みに行ったり積極的にコミュニケーションを取ることで関係が改善しました。

 

是非実践してみて下さい。