会社の間関係に悩んだ時の処世術

 

人生において最大級の悩みの1つに「人間関係」があります。これを円滑に解決できれば「悩み」の大半は解決することができることだと私は思います。

 

そこで、私なりの処世術を紹介しますので、あなたの参考になれば幸いです。

 

@休憩時間の利用の仕方

 

どこの職場にも「クセのある方」は存在し自身とは相性が合わないと感じる時はあることです。そんな時には「恐怖映画を観てしまう」の心理を利用してみませんか?

 

恐いけれど観てしまうのことです。観たあとに達成感がありますよね?それと同じで「苦手な方」にあえて近づき会話をしてみませんか?

 

「クセのある方」は案外、恥ずかしがりやで弱い自分を認めたくない為に本来、自分が思っていることとは反対のことを表現していることが多いです。

 

そんなシャイな部分を知ることで「クセのある方」を攻略できたことになり貴方に達成感を与えてくれる瞬間がこます。

 

Aビジネスと割り切る

 

職場環境にどうしても馴染めずに悩んでいる方、馴染む努力はやめませんか?

 

会社とは対価をもらう場所として捉え友達をつくりにいく場所ではありません。

 

プライベートを有意義なものにする為の場所と時間として割り切る方法もあります。しかも程度の差はあれど、この方法をとっている方は案外多いことは事実です。

 

B生理的に無理

 

人間として理由はわからないが性別は関係なく「生理的に無理」そんな方もいますよね?

 

その時は、諦める勇気を出しましょう。日本人は、初めての幼稚園、小学校で「友達100人できるかな?」の教育があるために、人間関係が困難になると悩むのです。

 

「嫌な人は嫌」と友人の取捨選択をすることが大人であると私は考えます。

 

業務の流れで、どうしても「生理的に無理」な方と組まなければならない時は@Aと同様を試ながら様子をみて人間観察を楽しむようにすることもありです。

 

まとめ

 

25年のサラリーマン生活で多種多様な方と接触してきました。

 

その結果、苦手な方とアフターファイブや休日を共にするなどは無益なことに気づき、仲良くなれる方との更なる親睦を深めることが最大の処世術であると体感しております。

 

しかし、それは私の場合の話です。解決をする為の共通の特効薬は存在しません。ですが、人の経験を参考にしてみることは価値あることです。