感情的で威圧的な上司に苦しみ退職することになりました

 

私が対応に悩んでいたのは「感情的で威圧的な上司」です。

 

女性中心で気の強い人が多い医療事務の仕事には特にこのタイプの人が多いのですが、このような人に一度「このスタッフはダメだ」というレッテルを貼られると、二度と挽回できないケースがほとんどです。

 

彼女の怒りをかったため、これまでも何人もの職員が退職に追いやられてきました。

 

私自身もそれを知っていたので、行動や発言には注意していたのですが、ある飲み会でのたった一言の失言がきっかけで、毎日のようにいじめられる事態になりました。

 

仕事において挽回しようと思い、これまで以上に頑張りましたが、些細な事をわざわざ大勢の前で指摘したり、身に覚えのない失態を上司に報告したり、掲示板に貼りだしたりしました。

 

あまりにもひどいと思ったので、それがいかに理不尽なことかをレポートに書いて提出したのですが、それが逆に火に油を注ぐ事態となりました。

 

私の正論に反論できなかったことが彼女の高すぎるプライドを傷つけたのでしょう。悔しかったですが、彼女の方が勤務経験も長く、トップの信頼も厚かったため、私自身が退職する形で幕を引くことになりました。

 

「能ある鷹は爪を隠す」ということわざにもある様に、本当に利口な人は正論で相手をやっつけるようなことはしません。そんなことをしても得られるものはなにもないとわかっているからです。

 

もともと職場で喧嘩をふっかけてくるような低レベルな人間に、本気で喧嘩をいどむこと自体が無駄なこと。「のれんに腕押し」状態で、うまくかわし続けるのが一番利口な対処法だといえます。

 

また「感情的で威圧的な人」は、自分より能力のある人を嫌います。「少しバカだけど可愛い後輩」を演じることで、相手のプライドを維持してあげられますし、うまくおだてることでご機嫌にさせてあげる効果もあります。

 

子供みたいと思うでしょうが、本当に子ども以下なので仕方ありません。あなたが大人になることが一番の解決策なのです。