人間関係でつまづいたときは頼れる人に相談することです

 

私は中部地方の通信制高校で教務職に就いておりました。

 

元々は塾講師として別会社で勤務しておりましたが、教員免許を活かした働き方をしたかったため、こちらの高校へは中途採用で入社しました。

 

スキルがあったため、即戦力として授業や校舎運営にも関わる仕事を行い、3年目に主任として勤務しておりました。ただ多忙かつ激務の仕事なため離職する割合が多く、また上司もクセのある方が多く人間関係で悩む社員は多くいました。

 

そんなある日、5年目を迎えた時でしたが、同じ校舎に九州から異動してきた男性主任がやってきました。私は教務の主任、彼は営業の主任という事でやる仕事が違うので大丈夫と思っていましたら、向こうがやたらライバル視をしてくるのが丸見えでした。

 

彼は私の一つ上でしたが、女性という事でだいぶ見下したような態度を取ってきました。面倒なのであまり私は深く関わらないようにしていたのですが、その事に対して彼は不満を持っていたようです。

 

やたらとからんできてダメ出ししたり、教務の飲み会に彼を一番に誘わなかったことを他の人に言いふらしたりしていた様で、私の評判を落としたかったようです。

 

彼はどうやら部署で一番出来る人という事で褒めてもらいたかったようで、他の人にも辛く当たる場面がたくさんありました。

 

いわゆるパワハラ・モラハラというものですね。次第に周囲は彼とは表面上で付き合うようになり、本音は彼を除いたメンバーでこっそり飲み会を開き、愚痴を言ってストレス解消をしておりました。

 

味方がいるのは本当に心強かったです。

 

そして彼は上司にも暴言を吐くようになってしまい、一年後に別部署へまた異動となり、その後は行方知らずです。校舎は平穏な日々が戻り一件落着となりました。

 

彼を昔から知っている上司いわく、彼が辛く当たるのは肝っ玉が小さいからだ、との事でした。要するに誇れるスキルも自身も無いので、強いフリをしないとやられてしまうというのが分かっていたんですね。

 

そしてこれまで彼は職場になじめずに一年ごとに異動を繰り返していたという事実も知りました。その事を知るまではムカつく人だと思っていたのですが、逆に哀れな気持ちになりました。

 

何か人間関係でつまづいたとき、辛い時は頼れる人に相談すると意外な発見があるかも知れませんね。